大学受験

受験生必見!英語偏差値40→70にする方法!

どうも、MORISUKEです。今日は英語偏差値40から70に上げる方法を紹介していきたいと思います。とはいっても、僕は英語偏差値40から70に上げることはできましたが早慶には落ちました(笑)

 

みんなが勘違いしている勉強への考え方

 

まずは、僕の思う勉強への考え方について説明していきたいと思います。

勉強とはズバリ…

記憶です。(笑)

正確に記憶してテストで答えが書ければいいこれだけです。記憶に先生がいるか?まあ、ぶっちゃけ言っていらないです。だから僕は予備校や塾に通うことには反対です。記憶のスペシャリストが近くにいるなら話は別ですが(笑)

よく偏差値を上げたり、受験に合格するには予備校などに通わないといけないと思っている人がいるみたいですが逆です。

先生が読むのを聞くのと自分で読むのでは圧倒的に後者のほうが速い!

このことを絶対に忘れないでください。

やることを細分化しよう!

まずは物事を攻略するときは徹底的に細分化していくことが必要です。日本語の「分かる」という言葉の語源は「分ける」ということだと僕は勝手に思っています。つまり、物事を本当の意味で理解するには、細分化が不可欠だということを日本語を作ってくれた方たちも理解していたのですね。

そして、受験英語においてやることを細分化すると、

  • 単語
  • 熟語
  • 文法
  • 長文読解
  • 英作文
  • 問題演習

ということになると思います。

使う参考書を絞ろう!

細分化も終わったので次はそれぞれの分野でどのような参考書を使っていくのかを絞っていきましょう!沢山の参考書に手を出して、その分参考書一冊への記憶の定着が悪くなり、受験に失敗してしまうケースもあります。というか僕も半分ぐらいそれになりかけました。(笑)

受験英語の初学者がいちいちテキストを買い集めて吟味するのも面倒だと思うのでぼくが使った参考書を一挙に紹介していきたいと思います!

とその前に…

少ないテキストをどれだけ完璧にできるかの大切さがわかるエピソードをここで紹介したいと思います。江戸時代に脅威の碩学、荻生徂徠 (おぎゅうそらい)という方がいました。父親の失脚に伴い、本がほとんどない田舎に行かざるを得なくなってしまったのですが、仕方なしにやっとこさ手に入った古典、中でも父親が筆写した林羅山の大學諺解を10年以上繰り返し読んだところ、ついにはそれらをさかさまに暗唱できるまでになっていました。つまり、最新の書物に触れることはできなかったわけです。しかしその後、江戸に戻ってきたときには重鎮の国学者と議論してことごとく打ち破るような知の怪物になっていたそうです。

つまり、広範に知識をカバーしていくのではなく、絞って深めていくほうが結果として人間の知性を引き出してくれるということですね。

単語

まずは、駿台のシステム英単語を使いましょう。MARCHレベルまでなら単語はこの一冊でOKです!

システム英単語を完璧に覚えてしまった方は単語王に移行していきましょう。システム英単語と重複する部分もありますが、新しい単語もちょいちょい出てくるので確認がてらにやってみましょう!

ここまでで早慶上智はカバーできると思います。それも終わってしまった人にはパス単準一級をお勧めします。慶応法学部の単語予測問題なんかで役に立ちますね。

まとめると

システム英単語(MARCHレベル)→単語王(早慶上智レベル)→パス単準一級(慶応法など)

の順番になると思います。

熟語

熟語については深追いは禁物です。理由は出題率が低いからです。解体英熟語を一冊のみで大丈夫です。一冊といってもかなりの量がありますが(笑)

文法

次に文法ですね。まず、あなたが英語初学者なら、くもんの中学英文法を完璧にしましょう!

次に頻出英文法・語法問題1000を完璧に仕上げましょう。

そして、それでも物足りなくなってしまった人は英文法ファイナル問題集標準→難関と進んでいきましょう。

 

長文読解

一番、勉強の仕方を間違えてる人が多いのはこの長文読解です。僕も間違っていた一人です。いきなり、長文問題をやってしまったのです。そして、全然できなくて挫折(笑)一気に勉強がつまらなくなってしまいました。踏むべきプロセスは

英文解釈の参考書→長文問題です

文法の参考書も一通りやったし読めるっしょ!みたいなノリには絶対に陥ってはいけません(笑)文法がわかったところで長文は読めるようにはならないというのが真実です。

まずは入門英文解釈の技術70、次に基礎英文解釈の技術100、英文解釈の技術100をやっていきましょう。


次に長文問題なのですが僕個人としては過去問オンリーでいいと思っています。学校、学部によって出題傾向がかなり違うのでそれに特化した対策をしていくのが最善だと思います。もちろんいきなり第一志望の過去問は難しいと思うので滑り止めの過去問から攻略していくのが適切です。

英作文

これは学校、学部ごとに出る出ないは分かれますが僕は慶応経済を受験していたので、紹介したいと思います。ズバリ、ドラゴンイングリッシュ基本英文100一冊でOKです。何度も何度も繰り返し音読して覚えましょう。

問題演習

これは長文読解でも触れましたが過去問のみに絞ってやることが重要です。やっておきたい長文という参考書がかなりもてはやされていますが、それだけ極めても問題数の少なさや出題傾向が志望校とかなり違ってしまうことにもなりかねません。せめて、過去問を完璧にしてからやるべきでしょう。僕に言わせれば、やっておかなくていい長文ですね。

最後に

勉強をするうえで重要なのは徹底的にやることを細分化して、戦略、計画を綿密に立てることです。僕は受験勉強を通してこれらのことを学びました。細分化して計画を立てるというのは人生全般において重要なことです。

ここで人生に重要な示唆を与えてくれる文章を河南程氏遺書から引用したいと思います。

一つの事物、事象における原理のみを徹底して吟味せよ。万物も我もみな同じ原理の下にある。此処にある真実も彼方にある真実も同じなのだから一つを極めることさえできれば他は自ずと理解できるだろう。 引用終わり

つまり、今までの話と絡めれば受験勉強というものを突き詰めていった結果、人生における重要な理論もおのずと分かってきてしまうということなんですね。

受験生の皆様にはただ機械的に受験をこなすのではなく、そこから得られる教訓を合格、不合格よりも重要視してほしいですね。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
モリスケ
都内私大に通う政治経済好きな大学生。政治経済を中心に現代日本を叩き切る記事を更新していきます。